営業の岡村は、奇跡の寝落ちを体験しました。

「寝落ち」とは、「何かをしている最中にいつの間にか眠ってしまうこと」を意味する言葉。

みなさんも何かをしていたら寝落ちしてしまったとかあると思います。
「寝落ちしてしまったために、テレビ番組を見るのができなかった・・・」
「彼氏・彼女にラインできなかった・・・」
寝落ちから目が覚めたときには、時間が過ぎてしまって後の祭りみたいなことも。
ギリギリのところまで寝落ちして、
時間ピッタリに起きれたなんてことは、めったにあることではありません。


岡村が奇跡を体験したのは、平成31年4月30日午後11時15分。
SRCも例にもれずゴールデンウィークは10連休。
休みにもアクティブに活動し疲れたからとベットで横になっていたら、
寝落ちをしてしまいました。

平成が残り45分しかないさなかの寝落ち。
流石に令和になる瞬間にジャンプしようなどとは思っていませんでしたが、
昭和~平成を見てきた身として
平成~令和の瞬間もぜひ見たい。

その想いが通じたのか
岡村が寝落ちから覚めたのは、平成31年4月30日午後11時58分24秒。
平成が終わるまで、残り1分36秒です。

まだ間に合うとテレビをつけると、令和へのカウントダウンが始まっていました。

そして、無事に平成から令和の瞬間を体験できたのです。
岡村曰くまさしく「奇跡の寝落ち」。
新年号を気持ちよく迎えることができいいスタートを切れたようです。

皆さんは、令和に変わる瞬間に何をしていたでしょうか。
新しい時代もよろしくお願いします。


20190514