先日、SRCの新たな取り組みである
「組織ドック」が実施されました。

組織ドックとは、
①測定 (個人単位での心拍など、働く現場におけるデータを取得)
②診断 (測定したデータをもとに、働く環境を客観的に可視化)
③処方 (診断結果にもとづいたオーダーメイドの改善プログラムの提供)
のサイクルで組織力を継続的に把握・改善するサービス。

雇用形態や職種に関わらず、SRCグループに所属する一人一人が
健やかに働ける職場環境づくりに向けての取り組みです!

2/26(火)に説明会があり、本社では翌週の3/5(火)に測定が行われました。
センサーを胸に装着し、
同じグループに所属するメンバー達とディスカッションをしたり、
その後通常業務を行う中で心拍の測定を行いました。

そして後日、組織全体・個人それぞれのレポートがフィードバックされるとのこと。
組織レポートでは「健康・活気・チーム共感」、
個人レポートでは「業務への没入感や開放感」を算出したデータが見られるようです。

これをもとにどのように組織力が改善されていくか、今後が楽しみですね。


20190311