年始の全社スタッフが集まるキックオフミーティングにて、
姫路支社の営業・中村は、
個人とユニットグループの両方で表彰されました。

12月の営業成績が評価され、
壇上で表彰される彼女の顔は少々険しい様子。
実はこの時、喜びよりも2018年の反省をしていました。

中村にとって、2018年は「ダメダメだった」という。
たまたま年末年始に向け、お客様のニーズが重なり、
結果として大きな評価を残せたと感じていたとのこと。

今年4月で、営業として6年目を迎える中村。
反省しつつも、5年間で培った求人の知識は、
自信を持って提案できるようになったとも実感。
効果を出すことや新しい提案をすることで、
お客様との繋がりが深くなるという実績も作りました。

それでただ落ち込むばかりではなく、
むしろ「伸びしろが見つけられた」と思えるのも彼女の良さ。
5年間で彼女が感じたのは、お客様の方が求人に詳しかったり、
今までの提案では納得して頂けないことも増えていること。
それを今後どうするかについて、
壇上で表彰されながらも冷静に考えていたようでした。
(もちろん、表彰は嬉しかった!と仲間と喜ぶ場面も。)

2019年の目標は経験と知識をフル活用すること。
さらに自信を持って提案するだけでは物足りない!
広告を出すまでの世の中の動きや掲載後のフォローなど、
培ってきたものを上手に使いこなし、
より良いサービスを提供することが彼女の目標です。

まだまだ伸びしろしかない中村は、いつだって前向き。
そんな彼女の活躍は、今年も期待大です!


20190204