西宮支社の営業である数藤は、
13日に大阪の長居へと訪れていました。

目的は、母校の後輩たちが出場する陸上大会での応援。
学生時代は陸上部に所属していた数藤にとっては、
久々に目にする懐かしい光景でした。

応援をしていると、自分の学生時代を思い出し、
懐かしい気持ちにもなったそう。

表彰された後輩や自己ベストを出した後輩、
なかなか良い結果を出せなかった後輩。
様々な後輩がいましたが共通して言えることは、
それぞれが目標に向かって全力で走ること。
そんな一生懸命な姿や励まし合っている姿を見て、
「元気をもらえました!」と言う数藤。

そんな数藤は最近、現在階段を登るだけで息切れするほど、
自身の体力が落ちていることにショックを受けているとか。
元陸上部としても営業としても体力をつけたくなり、
「またマラソンに出たいな~」と言っていました。


目標に向かって全力疾走!