1106040766「黙って3年はジャガイモの皮をむけ!」


新入社員として入社したあなたがそう言われたら、
どうしますか?

こんにちは。
HR営業部の石黒です。
冒頭から何だ???とお思いかもしれませんね。



転職雑誌『B-ing』(リクルート/休刊中)の、元編集長・田中和彦さんが著した『入社3年目までの習慣で、人生の7割は決まる-あの時の僕に伝えたかった30の言葉-』の中で紹介されている、定型的な業務の積み重ねでしか得られないスキルや能力がある、という例え話です。


調理場の世界では、修行が始まると、
まずはジャガイモの皮を3年間むき続けるような指示をされることがあるようですが、ジャガイモの皮を3年もむいていると、どの季節の、どの地域で採れたジャガイモが一番おいしいのか、手にしただけで分かるようになるそうです。


調理の世界に限らず、どんな仕事でも、だいたい入社後の3年間に、
その後の社会人生活を大きく左右する「基礎」ができ上がると思いませんか?とにかくガムシャラにやり続けた、その先にしか見えないものがありますよね。でも、入社時にそんなことは分かりません。


冒頭のような言葉を投げ掛けられたらきっと、
「3年もやってられるか!」
「やりたいことができないなら辞めよう!」
などと、反発してしまうに違いありません。


そんな若手の頃に聞きたかった30の言葉が、この本には書かれていて、
今読んでみると、なるほど、非常に納得感があります。



例えばこんな言葉。



「やりたいこと」の前に、
「やるべきこと」を全うし、
「やれること」の基礎を築け。




社会人の始めは、誰しも色んな期待を抱いて入社しています。
大口顧客を担当するぞ!とか、ヒット商品を作るぞ!とか、「やりたいこと」で頭がいっぱいです。

でも、そんなことが本当にできるようになるのは、
それこそ4年目からでしょう。
「やるべきこと」(Misson)の積み重ねが、
その人の「やれること」(Value)となり、
「やりたいこと」(Vision)を自分の裁量でできるようになるのです。



私の部署では、日本最大の転職者データベースを使った中途採用を支援するサービスがありますが、
「以前の職場では、やりたいことができなかったので、転職しました」
という人が、いますが、そういう人に限って、そもそも「やるべきこと」を放棄してきていたり、「やりたいこと」が、「やれること」になっていない場合がありますね。


しかし、今、改めて自分の胸に手を当ててみます。
苦手意識から、遠ざけている仕事はないか?
「自分のやるべきことじゃない」と決め込んで手をつけていない仕事はないか?


色々と考えさせられる一冊でした。
皆さんも、若手に読ませるだけではなく、
ぜひ自分自身への問いかけとしても読んでみてください。