ポストイット

2020年01月の記事一覧

 

 新天地     

3年目営業の森。
入社以来ずっと明石エリアの担当でした。

大蔵海岸近くのお客様の所にお伺いした時、
実は海を眺めて癒されていました。

魚の棚商店街では
森自身のお客様はもちろん、
先輩のお客様までも顔を覚えてくれて、
「たこ焼き食べてみ~」と声をかけてくださいました。

事務所のある神戸と明石は20キロ以上離れているため、
事務所を出る時は晴れていたのに明石に着く頃には大雨、
なんてこともありました。

嬉しい思いも大変な思いもしましたが、
この2年半で明石が大好きになった森。

そんな彼女は、この1月から担当エリアが
神戸市中央区に変わりました。

最後の挨拶に伺った際、
お客様から「寂しくなるな~」と
嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

中にはお言葉だけではなく、
プレゼントまでくださるお客様も。

入社後すぐ飛び込んだことをきっかけに
2年半のお付き合いがあるお客様は
かわいいチョコレートをくださいました。
「一人暮らしやろ~国産牛にしといたからな~」と
お弁当を持たせてくれたお客様もいらっしゃいます。

そんな明石から離れるのは少し寂しいですが、
これからは中央区のみなさまに愛されるよう
お客様と関係を築き、
ニーズに合った提案をしていこうと意気込んでいます。

今は「こんなところにこんなお店あったんや!」
という発見の毎日。
学生時代は三宮でアルバイトをしていたので
中央区には親しみがありますが、
これから更に大好きになっていくでしょう。

新天地での森にご期待ください!


20200120
 森のお気に入りスポット
 

 SRCの新婚さん     

2019年、平成が終わり令和に変わった去年。
令和婚を意識したのか偶然か、
SRCでも結婚をされた方が多くいらっしゃいます。
中には社内結婚をされた方も。
皆さん、本当におめでとうございます!

そんな、去年結婚された営業さん1名から、
結婚して何が変わったか。
せっかくなので聞いてみました。
今回お話してくれたのは、入社7年目の女性営業、樋口さんです。


―――結婚してから働き方は変わりましたか?

樋口:月曜と火曜日は帰るのが早くなりました。

―――たしか、転居もされましたよね?

樋口:はい。実は、旦那の職場とSRCの間に引っ越したので、退社は早くなりましたが家に着くのはあまり変わらなかったり。

―――そうなんですね。新婚なんですから、もっと早く帰ってくださいよ(笑)
お客様とのかかわりで変わったことなどはありますか?

樋口:頑張ります(笑) お客様は・・・まず「おめでとう」と言っていただいたのと「まだ辞めないよね?」というのは、いろいろなお客様から言われました。

―――・・・辞めないですよね?

樋口:当然です(笑) あとは、結婚祝いをくださったお客様も。

―――お客様から愛されていますね!他に変わったことは?

樋口:女性のお客様からはいろいろなアドバイスをもらいました。「家事は手を抜けるところは手を抜くのがいい」とか。

―――なるほど。働く女性としては先輩にあたるお客様も多いんですね。

樋口:そうなんです。仕事と家庭の両立をしている方もたくさんいらっしゃって、頼りになる方ばかりです。

―――お話ありがとうございました。これからも、お仕事と家庭の両立がんばってください!


20200107
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。