ポストイット

2019年08月の記事一覧

 

 オンとオフ     

SRCは8月10日から18日まで9日間の夏季休暇でした。
今年はお盆に台風が直撃し、運休する公共交通機関もあったため
予定の変更を余儀なくされた方もいるかと思います。

明石エリアを担当する営業・小出は
4日間の海外旅行を計画していました。
台風の影響も心配されましたが、
日本を離れているうちに通り過ぎ、影響はなかったとのこと。
旅行の他にも、友達と食事したり、自宅でゆっくりしたり…
夏休みを満喫したようです。

「SRCの良いところは、年間休日120日としっかり休めるから
仕事とプライベートのメリハリをつけられるところ!
さらに週刊誌を扱っていて、1週間ごとに締め切りが来るので、
切り替えがしやすく、金曜日の締め切り後の解放感が半端ない!(笑)」
と語ってくれました。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

休み明けの1週間が過ぎ、日常が戻ってきました。
長期休暇でリフレッシュした事によって、ヤル気もUPした小出。
しっかり仕事モードに切り替えて、仕事に邁進していきます☆


写真は19日の休み明け、お土産が飛び交う社内で撮影。
小出もたくさんのお菓子をもらいました☆

20190826

 

 トンデモ新人?     

昨年、営業の尼崎は頭を抱えていた。
新しく入社した新人岡崎の教育担当となったのですが…
漢字が読めない。
驚くほど。
そして、何がしたいかもイマイチつかみきれなかったからです。


「もうせいしておきます。」
というから何事かと思ったら、
どうやら申請をもうせいと読んでいたとか。
他にも、求人原稿に書かれている漢字が読めない読めない。
「なんとかないって何ですか」
なんとかない⇒扶養内
「制服かしあたえる」
⇒制服貸与
などなど。
指導にあたっても苦労することが多かったそうです。

それから1年。
その新人岡崎は、驚異的に成長しました。
社歴の浅い営業では提案にためらいがちな
サイズの大きな原稿もサラッと提案。
採用のために必要とあれば、
物おじせずにお客様に話せる立派な営業です。


尼崎曰く、この成長の秘訣は、
「岡崎の言語化」
とのこと。
漢字が苦手なことに関係するのか、
自分の意図するところを伝えるのも上手ではなかった岡崎でしたが、
尼崎はその言わんとするところをくみ取るべく、
根気強くコミュニケーションを取り続けたそう。
そうすると見えてきたのは、
岡崎なりに行動の理由やしっかりとした考えがあったということ。
「何故、岡崎がこのような行動をとるのか」
を理解した瞬間、尼崎としても指導の光明がみえたそうです。

今では岡崎は、同期の中でも一二を争う営業に成長。
尼崎は今年も新たな新卒の教育担当に着任し、
また一人、優秀な営業を生み出すべく奔走中です。


20190805
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。