ポストイット

2016年07月の記事一覧

 

 暑さに負けないように     

猛暑の中でも、お客様のために営業は外へ出ます。
そんな暑さにも負けないように、
『月1回旅行』を計画している西宮支社の中村。

元々旅行大好きな中村にとって、
仕事を頑張るための燃料となる旅行計画。
今年の7月は城崎、8月は石川へ行くことを予定中。
9月にはキツネ村に行きたいがために宮城まで視野に。
ちょっと近場で行ける所から、
気がつけば東北にまで…と旅行好きの計画は加速する一方。

ちなみに写真は5月のGW後の土日にサッと行ってきた沖縄での写真。
旅行好きな中村にとってのこういった休日の楽しみ方が、
営業先でのお客様とのトークに花を咲かせています。

okinawa
 
 

 SRC女子     

女性の割合が高いSRCリクルーティング事業部。
神戸本社にはメンバーが
全員女性で構成されるグループもあるほど。

営業をサポートする内勤スタッフも女性ばかりですが
「繊細な人」「サバサバした人」
「よく笑う人」「お酒が好きな人」など個性豊か。

つい先日の選挙で女性議員の当選が増えた、
なんてピックがあがっていましたが、
SRCは随分前から女性の活躍が当たり前の職場です。

女性が集まる場所には"マウンティング"なんて
現象も生じることもあるようですが、SRCではほぼ無縁。
グループで立てた目標に対して皆で団結して取り組む。
達成できるか否かの修羅場では皆で
わーきゃー言いながらもラストスパートをかけている。
学生時代の部活の様な空気感を感じる時もあります。

SRCの女子はいつも元気。
この夏も皆で乗り切ります!

SRC女子
 
 

 全力30秒     

先日はキックオフミーティングでした。
神戸・西宮・姫路・高松・岡山の全社員が集まり、
これまでの振り返りと課題点の確認や
良い成績を残した社員への表彰を行います。
今回は、初の試みとして
新人営業によるロープレ大会を実施しました。

設定は、飲食のお店へ、営業としてのご挨拶。
与えられる時間は30秒。
その短い時間で、どれだけ印象に残り、
頼っていただけるようアピールできるか。
この春入社した十数名の社員で競い合いました。

新人といえども、春から急成長を続ける彼ら。
それぞれが自分らしさを押し出したトークで
「店長」に扮する営業リーダーを笑顔にしていました。
その時はお手伝いすることがなくても、
お困りの際に
「そうだ、あの人に電話をかけてみよう」
と、思い出していただけるように。

今後も成長を続ける彼らに、期待大です。

※写真は、店長に扮するリーダー達

店長
 
 

 目標     

SRCでは1年を3ヶ月ごとの4つに区切り、
それぞれ目標を立てています。

この目標の達成会として、
6月最終の金曜日の締め切り後、
ささやかな打ち上げが行われました。

会議室に集まって皆で乾杯。
買い込んだお酒やお惣菜、おつまみを片手に
盛り上がりました。

7月に入り暑い日が続いていますが、
次のクオーターでも目標を達成して
また打ち上げをできるよう、
気合を入れて営業に取り組んでいきます。

目標
 
 

 営業のフルコース     

ある雨の日のこと。
姫路エリアの営業青木は、
ツイていました。
朝出勤して、喫茶店のお客様の下へアポイントメントへ。
お客様との商談も順調に進み、

「ウチのモーニング、食べてく?」

と、うれしいお言葉。
アルバイト募集などで飲食店へ商談に行くと、
メニューをご馳走していただくこともあります。



そしてお昼。今度は地元のラーメン屋へ。
付き合いが長いお客様だったので、
もしかしたら・・・と思うと、

「ラーメン食べていき」

と、朝に続いてまたご馳走に。
「今日はついているな」
と、午後の営業も疲れ知らずです。



夕方今度はお弁当屋さんのアポへ。
「流石に、晩御飯までは贅沢かな・・・」
と思いつつ商談を終えると、

「そういえば、新作の弁当があるんだけれどよければ・・・」

と、新作を大量にもらってしまった青木。

さて、こうなると調子に乗ってくるもので、
「最後に、食後のコーヒーが欲しいな」
と思い始めました。



その日最後のアポは、建築現場の親方。
「いやー、今日は暑いですねー、喉が渇きますねー」
と大げさにアピールしてみると、
「なんか様子が変やな、なんなんや?」
と、親方からも不審に思われてしまいました。

「いや、実はかくかくしかじかで・・・」

驚くことに、正直に1日の出来事と、
コーヒーがほしいことをお客様に言った青木!
 
ですが、そこは日ごろの青木の行いが良かったからでしょうか。

「しゃーないなー、そこの自販機で買ってき」

と、ついにコーヒーまでお客様にご馳走になりました。

もちろん、このようなことは滅多にありません。
青木が日々お客様と良い関係を築いているからこその、
奇跡的なフルコースの1日でした。

こーひー
 
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
最新トラックバック