ポストイット

2016年03月の記事一覧

 

 スマート営業・長谷     

初対面のお客様とお話しする機会も多いため、
第一印象がとても大切な営業。

2015年に新卒入社した長谷も、
ふだんから身だしなみには
相当気を遣っているのですが・・・。

つい先週、とても大切な商談の直前。
同行してくれた先輩・村上から、

「鼻毛でてるで!」とご指摘が。

確認すると、それはもうがっつりと・・・。
あわてて直してから、商談に入りました。

「商談前に気付いてよかった・・。」

先輩のフォローもあり、商談は無事に終了。
ほっとしながら帰り道、ふと目線を下にやると、、


ズボンのチャックがあいている!!



ときにはこんな失敗もしながら、入社してはや1年。
もうすぐ迎える新しいメンバーを、皆で楽しみにしています。

hase
 
 

 ホワイトデー     

3月14日、月曜日のこと。
先月のバレンタインデーのお返しであったり、
日頃の感謝を込めてなど、
男性社員から女性社員へお菓子が手渡されました。

可愛いかったり、オシャレだったり、
様々なパッケージのものの中で
圧倒的存在感を放つものが。

「こ、これは・・・○○さん!?」

淡い色合いの包みに添えられたメッセージカードは
男性社員の顔がコラージュされた手書きのもの。
しかもみんなランダムなんです。

「前世から君を知っていた…」
「いつも頑張ってる君を見てるよ」など。

普段の男性社員の姿と
ギャップが激しいメッセージカードだからなのか、
それともホワイトデーだからなのか、
社内はいつも以上に盛り上がっていました。

ホワイトデー
 
 

 就活における「ネット」と「リアル」。     

3月1日。
2017年春に新社会人となる学生さんの就職活動がスタートしました。
同時に、私たちリクルーティング事業部が扱う商品「リクナビ2017」もオープン。
着々と準備を進めてきたクライアントの人事担当の方々も「今年はどんな学生さんに出会えるんだろう」と期待に胸を膨らませています。

「リクナビ」のような就活サイトが充実する一方で、学生さんは「リアルな場」を求める傾向がますます強くなっています。
ネットでの情報が充実すればするほど、学生さんにとっては、「雰囲気を感じたい」「社員の人と話してみたい」「就活サイトに書いてあることの真偽を確かめたい」という気持ちが強くなるようです。

そこでSRCでは、今年より合同説明会「リクナビLIVE 神戸」を主催することになりました。出展企業数は33社。

このように、ネットでの情報と「リアル」がリンクすることで、学生さんと企業がお互いの情報やプロフィールを超えてマッチングする。
「ネット」と「リアル」の関係は、1+1=2ではなく、10にも20にもなると思うのです。

「いい街は、いい人生で、できている。」

この「リクナビLIVE 神戸」の運営を通じて、
私たちが目指す姿に、少し近づけたような気がします。
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
最新トラックバック