ポストイット

2013年10月の記事一覧

 

 商談一人旅     

時刻表

兵庫県の北中部など、神戸から少々遠方の
お客様を担当している神戸本社・営業の永山。

社を出て、運転2時間。
到着して、商談30分。
遅めのお昼をとってまた2時間かけて帰社、
なんてこともよくあります。

ある日、
商談に出かけた舞鶴市からの帰りのこと、
福知山での待ち時間50分。
猪名寺までの乗車時間2時間。
道のりは長いな・・・

と思った直後、

電光掲示板に流れた「特急 きのさき15号」という文字。

ふと「あぁ、このまま温泉にでも…」
と気持ちがグラグラしかけましたが、

2時間50分かけてちゃんと帰ってきました。

のどかな風景を眺めながら、
電車に揺られる移動時間は、
永山にとって、密かな癒しの時間になっています。
 

 推しメン     

最近アイドルに詳しくなったという姫路・営業の小泉。

お客様のところへ商談に向かうものの、5分で仕事の話は終了し 、

残り15分はアイドルトークに花が咲してしまうことも多いようです。

お客様もノリノリの方もいて、

最近の「推しメン」を教えていただいたり、

最新のライブ日程まで把握している人もいらっしゃる。

お客様から教えていただいたアイドル話は、

ほかのお客様との会話のつかみにもなるようで、

お客様の間では「アイドル通★小泉」で通っているそうです。


ちなみに小泉の「推しメン」はヒミツなんだそうですが、

イメージだけ描いてもらいました。

アイドル


誰だかわかります??
 

 ビニル傘     

雨と傘
先日、しばらくぶりに雨が降りました。

「雨が降ると、思い出すことがあるんです…」

姫路支社の営業・霜田は、雨雲を見つめながら
ぽつりぽつりと語りだしました。

「そう、あれは2年前…」
姫路支社への配属が決まり、こちらに引っ越してきたころ。
慣れない土地での1人暮らし。 
そんな、ある夜のこと…
帰宅し、明日に備えてぐっすりと睡眠をとっていました。


ガチャガチャガチャ!!!
ガチャガチャガチャ!!!


玄関からの騒音で、霜田は飛び起きました。
誰かが外から玄関のドアノブをまわし、開けようとしているようでした。
時間は、夜中の12時。
こんな時間に誰が、知り合いもいない自分の家の玄関のドアノブを
ガチャガチャいわせているのか…!!

「なんかやだな~。怖いな怖いな~(稲川淳二ふう)」

とかなんとか言いながら、インターホンカメラを確認したところ、
そこに映っていたのは…


狂ったようにドアノブをまわす女。


「こ、怖っっっ!!」

恐怖を感じた霜田はそのまま布団にくるまり
ガチャガチャがおさまるまで、じっと耐えていました。

気が付くと、朝になっていました。
おそるおそる玄関を開けると、そこにはもう人の姿はなく、

濡れたビニル傘だけが、そっと置いてあったそうです。


で、その女の正体は…?


「…上の階の人が酔っぱらってたみたいですわー」


・・・ああ、そうなの…。
 

 人形!?     

ポメラニアン


姫路支社・営業・佐々木の話。

いつも営業中によく見かけるおじいさんがいます。

この間、よく見てみるとおじいさんの腕には犬の人形が…。

まあ、かわゆい♪
お孫さんへのプレゼントかしら?

とか思った次の瞬間…

「「「「人形が、動 い た っ !!!」」」」

見てはいけないものを見てしまった!!
と思った佐々木でしたが、

よーく見てみると人形ではなく、
人形のように綺麗にトリミングされたポメラニアン。
トコトコと歩く姿はなんとも愛らしい。

「びっくりしたけど癒されました~」と言っていました。
近所ではわりと有名なおじいさんとポメラニアンちゃんだそうです。
 

 暗闇の中に…     

新神戸

夕方すぎに新神戸のお客様のところから
いつものように自転車で帰っていると…

道端におまわりさんがジッと佇んでいました。

「何かあったんかな?」とそーっとそばを通ったの野崎。
目を凝らしてみると、暗闇で動く茶色の物体!?

猫でもなく犬でもない。

そこにいたのは体調1mほどのイノシシ!!!!!! 

500mも行けば繁華街・三宮なのに…。

大阪出身、シティーガール野崎には衝撃だったそうです。

都会のイメージが強い神戸ですが、
自然と触れえる機会も多いエリアなんですね。
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。