ポストイット

『古代ローマ人の日々の暮らし』

_SS500_皆様、はじめまして、リクルーティングの岡村と申します。

皆様にご紹介したい本は、

 『図説 地図とあらすじでわかる!古代ローマ人の日々の暮らし』阪本浩監修・青春出版社発行

 
20世紀の一時代、「JAPAN AS No.1(1番である日本)」として、世界に存在感を見せ付けてきた日本。

しかし、現在、新興国の台頭などによる経済力の失墜や政治不信、さらに、東日本大震災や原発事故により、日本の栄光は大きくその陰を潜めてしまいました。

日本はただ、過去の栄光の刻印をただ、歴史の中に刻みつけるだけなのでしょうか?そして、同じ歴史を繰り返してしまうのでしょうか?

今から、2000年前に誕生した「人類史上最強の帝国、古代ローマ帝国」のように。

そんな時代に、繁栄をなした古代ローマ帝国とは一体、どんなものだったのでしょか?人々はどのような生活をしていたのでしょうか?そこから、われわれが学ぶべき教訓や知恵はあるのでしょうか?

いずれにしても、知ることから、未来へ進むことができるはずです。

2000年前といえば、日本では「弥生時代」と呼ばれた時代。
本書に記された古代ローマ人の生活風景の一例を挙げてみます。

「午前6時 卵や果物をのせたパン等の朝食をとる。午前6時30分、子どもは学校へ登校し、仕事に行く。午前9時15分、昼間のうちに活気に満ちた商店街で買い物をする。午前11時、メインイベントの剣闘士(グラディアトル)の戦いを見る。正午、バール(軽食堂)でワインや卵、オリーブ、チーズ、イチジクなどの昼食を食べる。午後1時、裁判所に行く。午後2時 大浴場に行く・・・」。

意外にも楽しそうな日常生活だと推測してしまうのは自分だけ?

では、政治は?社会制度は?街並みは?・・・と次から次へと疑問が沸いてきます。

本書はイラストを使って項目ごとにわかりやすく教えてくれます。

古代ローマ帝国と日本との共通項を意外にも発見できるのが驚きと同時に新鮮です。日本が今後どのような道を辿っていくのかという方向性のヒントを本書から探していくのも興味を惹く一冊です。

『いいアイデアは考えるな』

_SL500_AA300_朝の通勤電車の中、傍から見れば死にそうな顔をして窓際に立っている日が週に3日はあります。

制作グループの久保と申します。
職務は求人広告の企画と制作。広告表現のアイデア出しを生業としていますので、煮詰まると上記のような状態になることももはや日常になった、今年8年目・32歳でございます。

僕ようなの仕事にかかわらず「アイデア」というのはどんな仕事でも必要ですよね。取材でお客様の会社を伺う機会も多いのですが、例えば、一般的に「ルーチンワーク」と認識されている業務の中にも実によく考えられたアイデアによってルーチンがつくられている。目から鱗の「深い仕事」に出会うことも多々あります。ただ、そのアイデア。「期限」「納期」という制約がつくだけで「プレッシャー」という名のモンスターに変貌する。皆さんもアイデア出しを求められた時、こんな気持ちになったことは1度や2度はおありだと思います。僕は週3ですから、毎日がモンスターハンターです。

今回はそんなアイデア欠乏症の僕がすがる思いで出会った本のご紹介。
「いいアイデアは考えるな」(著・柳澤大輔)

「面白法人カヤック」(http://www.kayac.com)ってご存知でしょうか。著者の柳澤氏が代表を務めるWEB制作会社です。ここ数年の国内外のWEB広告賞を獲りまくっていることでかなり有名になりました。そんな会社の代表のアイデア出しノウハウ本。

氏いわく
「すごいアイデアを考えようとしてはいけない」のだそうです。
「質より量」「すごくないアイデア、くだらない、バカみたいなアイデアでもいいからとにかく出せ」と。

なぜなら、

「10日かかってやっとひねり出した1本のアイデアは、3日で10本考えたアイデアの中に含まれている」

だからだそうです。

「量をこなせ」といった根性論ではなく、言われてみれば確かにそうかも、な理論です。

さらに、

「ピカソは生涯2万点以上の絵を描いた」
「バッハは少なくとも週1回は作曲していた」
「トーマスエジソンの死後、アイデアメモがぎっしりかかれた3500冊
 あまりのノートが発見された」

と著名人の例が語る通り、「すごいアイデア」を出している人は、その何倍も「すごくないアイデア」を出しています。

そういえば、脳科学者の池谷祐二氏が言っていた医学的根拠に基づいたされた言葉を思い出します。

「やりはじめないとやる気は出ません。脳の側坐核が活動するとやる気が出るのですが、側坐核は何かをやりはじめないと活動しないので。」だそうです。

ダメ押しに、

「まじめくさった人はたいした考えをもっていない。アイデアいっぱいの人は決して深刻にならない。」

フランスの詩人ポール・ヴァレリーなど、多くの著名な本からの引用が多く、気づきも多いです。


つまるところ、「アイデア」は方法論や「センス」ではなく「行動」や「心持ち」から生まれるということ。

ノウハウ本というより啓発本にも近い内容でした。もちろんカヤックで実践されているブレストなど具体的な方法論もありましたが、僕が個人的に触発されたのはやはり、氏の人生観と考え方。

結局は、いかにポジティブに面白がれるのか、なのだと。

「アイデアをたくさん出せるようになれば人生に行き詰まらずにすむ」

と断言されています。

というわけで、週3で死相を出しているヒマがあったらバカになってアイデアを出し続けるように改めようかと思います。

皆さんも悩み多きビジネスパーソンとして行き詰まりを感じられた時は、ぜひこの本を。おすすめです。

「ポジティブに、前向きになるために必要なのは、性格を変えることではなく、アイデアをたくさん思いつけるようになるノウハウなのです。」なんですって。

『読書力』

_SS500_読書力 齋藤孝著 岩波新書より
 
はじめまして、安原です。
新書限定でブログをスタート!!って読書があまり好きでない私が 今回このメンバーになることにより、改めて「読書」ってなんだ ということでこの本を選んでみました。


小さい頃から大人たちから「本を読みなさい」と言われ続け
「なんで本を読まないといけないか」がこの本は丁寧に 説明してあり、すごく納得がいく内容でした。 しかも結婚する際に、祖父に「家に百科事典のある人と結婚しなさい」と言われた理由もわかりました。

最後著書齋藤さんの経歴が、生まれが「1960年」とまだ50歳という 若さにも驚き、私の20年後を想像した時に恥ずかしさを感じ 今からでも色々な本を読んでみようと思わされた本でした。

では、どんな内容かというと、本を読むということは、
簡単にいうと「自分を形成し、鍛え、広げること」。
 
私には、「自分を広げること」に共感を受けました。
というのも30代になり、ある程度社会にも慣れ、いろいろな年代の方と 話をする機会があるが、そんな時自分の知識の浅さや会話力のなさを最近非常に感じる時があります。
 
読書をすることにより要約力を鍛え、脈略のある話し方ができるようになるらしいのでまずはひつ月に1冊から始めて、この本の内容をまわりの人に話して共有してみようと思います。

『ブラックを飲む男』

_SS500_皆様、はじめまして。
諏訪と申します。
早速ですが、最近読んだ本でご紹介したい1冊がこちら。

 『成功する人は缶コーヒーを飲まない(姫野友美著/講談社+α新書)』。


 
思わずドキッとなるタイトルで、既に読まれたビジネスマンの方も多いのではないでしょうか。

電車待ちにふと立ち寄った本屋さんで、目に留まりました。

気になった本はジャンル問わず、とりあえず買うという性格なので、プロローグや目次のタイトルや著者の方の経歴等、1つでも面白そうなところがあれば、まず買います。

自分の本棚を見てみると面白いことに、当時の自分の課題や悩みや見つけようとしていた答えが、

蘇ってきます。不思議と覚えているものなんですね。

 

さて、今回の姫野氏の著書ですが、

人生が変わると言うと少し大げさかもしれませんが、人生が変わるぐらい自分の食生活や行動が変わるのではないかと思います。

毎朝コーヒーを飲む僕にとっては、ビビビな感じでした。

心療内科医の姫野氏が、ビジネスマン向けに書かれていて、医学的な視点と女性からの視点で、世の草食系男子へ物申すといった感じで、すごく説得力のある興味深い内容が沢山ありました。

ビジネスマンの行動をすごく観察されていて、あるあると共感する行動が多数。

ビジネスマンとして勝ち抜いていくためには、いかなる困難にも挑戦し続けられる「燃費のよい体づくり」が大切なんですって。どんな栄養素を摂取するといいのかは、本書を読んで頂くとしまして…。

 

あと、「朝会社に着いて、パソコンを起動させながら、缶コーヒーをゴクリ。」

これやっちゃうと、午前中眠たくなっちゃうんですって。

朝シャッキリしたいなら、ブラックにするべきだそうです。

「ビールは大好きだけど、メタボになってたまるか~。糖質さよなら。」と誓う28歳、今日この頃。「30過ぎたら、一気にくるよ。何かが。」、そんな言葉にひるむことなく、立ち向かっていきたいと思います。

では、今回はこのへんで。残りのブラックコーヒーを飲み干したいと思います。

最後までお読み頂き、有難うございます。

『「最近の若いヤツ」という言葉。』

DSCF85512こんにちは。
HR営業部でグループリーダーを
しています、石黒です。

※リクナビ(新卒採用)やリクナビNEXT(経験者採用)を扱っている部署です。



この4月から新入社員の方や、新しいアルバイトスタッフの方を受け入れられた企業様も多いことと思います。
毎年、この時期に企業様を訪問しますと、2社に1社くらいの割合で出てくるのが、


「最近の若いヤツは・・・」


というお言葉。


私の部署でも新人を迎え、様々な研修を行ったり、
営業で同行したりしていますが、色んな意味で自分の常識が通じないことを日々痛感します。

伝えたいことは山ほどあるのに、うまく伝わらない。伝えられない。
そんな思いを抱えてらっしゃる先輩社員、上司の方々も多いのではないでしょうか?



今日は、そんな時に読んだ1冊をご紹介します。

『人材育成の超プロが教える「ずっと働いてほしい」と言われる人の仕事力」』 ぱる出版/山本幸美著(株式会社プラウド代表)


元リクルートのトップセールス。営業職時代には数々の受賞歴を持ち、数社を渡り歩いた後、育成などのコンサルティング会社を設立した山本氏が、営業職時代、そしてコンサルティングを日々行っている中で感じた、「一緒に働きたい」と思われる人の共通点が、コラム形式で展開しています。
読んでいると、「そうそう!こういうことが言いたいんだよなー!」ということがズラリ。


その中でも、私自身がとても共感したのが、
『ひとつひとつの仕事に「意味」を見つけてみよう』という章。
とかく新人時代は、雑用や単調な作業の繰り返しが多いもの。
ただ、それらには1つ1つ意味があって、自分を成長させているものだったりするのですが、
新人にはなかなかそれが分かりません。


この本では、「自らその意味を考えてみること」の大切さを説いていますが、「つべこべ言わずにやれっ!」で済んでいた時代ではありません。


育成する立場としては、「この仕事には、こういう意味があるんだよ」とか、
「この仕事をすることで、こんなことを身につけてほしいんだ」などといった、
『動機付け』を、こちらからしてあげることが必要になっているように感じます。



ちなみに、冒頭に出てきた「最近の若いヤツは・・・」という言葉ですが、
実は、紀元前数千年というエジプトの遺跡からも似たような古文書が発掘されたんだとか(笑)
いつの時代も、若者の気持ちは分かりにくいものなんですね。


「最近の若いヤツは・・・」と悩んでしまう前に、
「伝わっているはず」と思っていることを、
ちょっと見直しみてはいかがでしょうか?




【HR営業部のご紹介】
HR営業部では、中小企業様を中心に、新卒採用や中途採用を通じた事業推進のサポートをしています。
主なメディアはリクナビやリクナビNEXTですが、企業様の課題に応じて、
会社説明会の企画や、面接方法のアドバイス、研修の立案など、
幅広く「人」の課題解決をお手伝いしています。
求人に関わらず、人事や組織づくりのちょっとしたお悩みからご相談いただければ幸いです。

TEL:078-393-3535
E-mail:ishiguro@src-japan.net
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
最新トラックバック