ポストイット

採用成功の為に。

「育成担当の先輩に同行してもらってから、
自分の営業スタイルを見直すようになった」
という入社4年目の籠谷(かごや)。

今まで自分なりに提案してきたものの、
結局お客様に合わせがちだったと言います。

そんな彼の転機となったのは、先日のこと。

今年4月から西宮支社の育成担当として、
若手のサポートを行っているベテランの大谷に
営業同行をお願いしたのがきっかけでした。

籠谷が担当している芦屋は、
かつて大谷も営業時代に駆け回ったエリア。

大谷は5~6年ぶりに再会したお客様と
まるで昨日会ったかのように話しながら、
求人における課題を徹底的に洗い出し、
さらなる条件緩和などを提案。

今回、大谷のアドバイスをもとに作成した求人は、
これまで以上の応募が来ているそうです。

育成担当から多くを学んだ籠谷は、
本気で採用成功を考えられる営業として、
成長を心に誓ったのでした。


20190708

モチベーションは休日にあげる

「去年の冬なんですけど、左手首を骨折しました(笑)」と、
元気な声で教えてくれたのは、姫路支社・入社4年目の山根。

アウトドア好きな社員も多いSRCの中でも、
彼女のアクティブさはなかなかのもの。

1番ハマっているのはスノーボードだそうで、
11月末~GW手前までは雪を求めて
休日はスノボに出かけるのが冬のルーチンとのこと。

「なかなかハードじゃないの?」と聞いてみると、
スノボのシーズンは、目標達成もいい感じだそうで、
「土日はスノボに行けるぞ!」と思うと
平日のモチベーションが上がるんだそうです。

そんな中、昨年の冬にやってしまったのが左手首の骨折。
年末にギプスをしたまま営業していたところ、
姫路の街でちょっとした話題になったと教えてくれました。

お客様を訪問すると「どうしたの!?」と驚かれたり、
経緯を話すとちょっと笑ってもらったり、
初めて会うお客様を驚かせてしまったりもしたけれど
冬の失敗エピソードがきっかけになり、
「楽しく商談できたので、結果的には良さそうです!」と話してくれました。

営業中も休日もめっちゃくちゃアクティブな山根。
これからのシーズンは友人とスケボーをしたり、
キャンプに出掛けたりと、夏も大好きなアウトドアやスポーツで
モチベーションあげて目標を達成する!と心強く話してくれました。


20190701

【清楚系女子】

「私、清楚系女子を目指してるんです」

インタビューしたときの一言目がこれでした。


今回は4月に入社した神戸第2グループの東野に話を聞いてきました!

「しゃべることが大好きで自分の知っている物を売りたい」
という理由でSRCに入社し、ただいま3ヶ月目を向かえた今日この頃、
元気にお客様に電話をしている声が社内によく響いています。

毎日元気に出社し元気に会社を飛び出し、
飛び込みでお客さんに断られても全くめげることもないそうです。

たまにお客様から「すごくお上品」「綺麗な子」と言われることもあり、
その日はさらに元気に上機嫌で帰社するとの事。


教育担当の尼崎に話を聞くと、元気すぎるあまり、
言葉選びが汚いと指導することもあるとか(笑)

東野は尼崎のことを
「芯の通った厳しさがあって、いい緊張感の元仕事ができています」
と話していましたが、
「絶対嘘やん」
と尼崎に突っ込まれる東野…

尼崎の事をひそかにライバル視しているとも話してくれました。

活発な東野と少しクールな尼崎はいいコンビかもしれませんね。

「尼崎さんやユニットの方たちがお世話して下さる日々に感謝してます!」
と最後も元気に東野は答えてくれました。

インタビュー中もずっと笑顔で笑いの絶えない東野に
清楚系女子になれる日が訪れるのか、
今後の東野の成長が楽しみですね!


20190625

ウミガメをめぐる冒険

リクナビネクストグループを率いるリーダー、友田。

彼のお客様は神戸にとどまらず、
明石や淡路島と、兵庫県の様々なエリアにいらっしゃいます。

これまで訪問した企業やお店は数知れず。
土地勘には自信のある彼ですが、
そんな彼も驚く出会いが、最近あったそうです。

それは、明石のあるお客様を取材した時のこと。
「うちの会社の近くに、ウミガメが産卵する砂浜があるんだよ。
 それを原稿に載せてもいいんじゃないかな」
とお客様から聞かされた友田。
「いいですね!この後写真を撮ってきます」
と、さっそくその砂浜に向かいました。

明石にウミガメが来る砂浜があるなんて、全くの初耳。
しかもそこは、工場と住宅が立ち並ぶエリアです。

5分歩き、10分歩き…
とうとうその砂浜にたどり着きました。

小さいけれどゴミひとつない、きれいな砂。
波は穏やかで、左を向けば明石海峡大橋の姿が見えます。

「こんな街のどまん中に、ウミガメが来るんやなぁ」

ウミガメと人間の距離って、意外と近いんですね。

まだまだ自分の知らない兵庫県の姿があるんだと、
改めて気づかされた友田でした。


20190617

岡山通信

4月に入社したばかりの新人の矢谷。
メインの営業テリトリーは倉敷市内。
倉敷といえば美観地区(町並保存・観光を目的としたエリア)があり
海外からの観光客も多いエリアなので、
街中にはちょっとした無料の休憩スペースも多いんです。

写真は矢谷が最近使っているお気に入りの休憩スペース。
お客様からいただいた質問をメモにまとめたり、
気持ちのいい日には昼食をとったりしています。

とはいえエリアのお客様についてはまだまだ勉強中。
アポが1件あれば今日はその周りのお店を回ってみる!と
自分でルールを決めています。

たまたま通ったことのない道を通ってお店を見つけると嬉しくなる。
だから今は自転車でどこへでも行ける!と思って
毎日、自転車を走らせます。

おかげで漕ぐのは少し速くなりましたけど、
鞄の中に日焼け止めは必須で2本常備しています。
塗ってても手は焦げてきましたが...う~ん...。

そんな彼女が最近気付いたことなんですが、
2回目の訪問で顔を覚えて下さっている方が多い気がする。
先輩に「笑顔が素敵」と言われるのと同じ印象を、
きっとお客様も持って下さっているんでしょうね。

気温の上昇とともに岡山も梅雨入り間近。
SRCの新人たちの夏が始まろうとしています。

20190607
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。