ポストイット

おうち時間

緊急事態宣言は解除されましたが、
引き続きリモートワークを続けている方も
いるかと思います。

そこでSRC社員のリモートワーク期間中の
「仕事とプライベートのON/OFFの切り替え方」や
「家での過ごし方」を少しご紹介します!

--------------------------------------

~総合企画1グループ/営業アシスタント/濱崎の場合~

テレワークで通勤時間が無くなったので
朝のおうち時間を見直してみました◎

AM5:00  起床
AM5:20~ 犬のおはよう散歩
AM6:00~ 洗濯・洗い物
AM6:25~ Eテレでみんなの体操♪
AM7:00~ 掃除
AM7:30~ 朝ごはん
AM8:00~ 犬の散歩とエサやり
AM8:30~ デスクで本読んだり 出社モードに切替


ルーティンを決めて、それは絶対やる。
休日でも変わらず、朝はとにかく起きる!笑

1日がすごーーく長く感じることができ
勤務後でもゆったり時間を使えるんです☆

勤務後は自分の為に時間を使えるので
リモート飲みやダンス講師の友達のオンラインレッスンなど
新しいことをしてみたり、
だらだらyoutubeを見ながらお風呂に入ったりしています。

これが生活リズムを整え、
メリハリをつけて働く工夫です。

--------------------------------------

~神戸第2グループ/営業/森の場合~

リモートワーク中の運動不足が気になっていて…
楽しくカラダを動かす工夫をしています♪

例えば
・ハンドクラップ を2日に1回 踊ってみたり
(めっちゃいい汗かけるんです笑)
・土日にはおうちから3時間かけて
 須磨の海まで15kmウォーキングしてみたり


勤務中もちょこっと意識を変えてみました。

自宅では
床に座りながら、ローテーブルで作業。
⇒合間にストレッチでリフレッシュ!
気分転換はもちろん、
腰痛&肩こり対策を心がけていました☆


20200610

テレワークの営業ってどうしてるの?

街を歩き、お客様に会い、
ニーズや声を拾ってくるのが営業。
外出を控えている今、どのような働き方をしているのか。
姫路支社の営業、有元に聞いてみました。

―――営業で外出することはありますか?

「外にはほとんど出ていませんね。
お客様から依頼があればお伺いしますが、
電話やメールでのやり取りがほとんど。

もともとこちらから提案をお送りするスタイルなので、
訪問しなくてもやり取りはできています。」


―――生活は変わりましたか?

「神戸から姫路に通っていたので、
通勤時間分の余裕ができました。
生活スタイルが変わったことで、
むしろ規則的な生活になりましたね。」

―――例えばどのような?

「三食規則正しく食べるようになりました。
外回りをしていると、コンビニで買って済ませたり、
商談が重なって食べ損ねることがありましたから。
晩御飯を作る時間も十分とれるようになりました。」

―――自炊しているんですね。

「ちょっと工夫してみたり、
結構料理は楽しんでいますね(笑)」

―――ほかに、営業のお仕事で変わったことは?

「姫路支社全体での取り組みですが、
無料で掲載できる求人の情報や、
姫路周辺の求人倍率や平均時給など
情報をお伝えするメールを送っています。」

―――それは、姫路独自の取り組みで?

「始めたのは姫路支社です。
姫路のお客様は周囲のお店の様子などを気にされるので。
そういった情報をお伝えすることが大切なのです。」

―――なるほど、在宅でもお仕事はたくさんあるんですね。

「そうですね。実際にお会いできなくても
力になれることはたくさんありますから。」

20200507
写真は有元の力作ディナー

いま、私たちができること

SRCが目指しているのは
「地域でもっとも愛され、必要とされる企業」であること。
そのために日々、社員の一人ひとりが
お客様のためにできることを考え、行動しています。

西宮支社の営業である春田も、
お客様と一緒にこの状況を乗り越えていこうと奮闘中。

リモートワークに移行しているため
お電話で状況を伺い、お役に立てることを探しています。

例えば、飲食店のお客様には
グループ会社が運営する情報サイト『KissPRESS』で公開中の
テイクアウト・デリバリー特集に無料掲載できる旨をご案内。
休業されるお客様には、助成金に関する情報を共有させていただくことも。

また、西宮支社ではチームワークを活かしたお役立ち資料の作成もスタートしました!
当番制で各自が調べた情報をペライチの資料に反映。
メルマガ形式でお客様に発信しているそうで、
「みたよー!ありがとう!」という嬉しいお声もいただいているようです。

大変な時期だからこそ、求人の枠組みにとらわれることなく
「いま必要とされているサポートは何か?」
「自分たちにできることは何か?」を考え、
行動し続けるSRCの社員たち。

コロナ収束後に、再び活気ある街へと復活できるよう、
今後もお客様に伴走していきます。


ちなみに、春田に初リモートワークの1週目はどうだったか聞いてみたところ、
意外とメリハリのある働き方ができたそう。
事前にスケジュールを決めてスマホのアラームで時間管理をするなど、工夫を凝らしていました!
今は、チームで行うWEBの定例ミーティングをもっと楽しくする方法をみんなで模索中のようなので、
何か素敵な取り組みをしているチームはぜひ春田に教えてあげてくださいね♪

20200421

ピンチは変化のチャンスでもある

現在日本全体で、働き方への変化が求められています。

SRCでも多くの社員が、初めてのリモートワークに挑戦しています。
今回はそのうちの1人、神戸本社・営業アシスタントの大杉に色々と話を聞きました。

・初めてのリモートワークはどうですか?
大杉「集中できるか不安でしたが、意外と集中できます。
自宅なので仕事のオンオフが曖昧にならないように気を付けています」

・困ったことはありますか?
大杉「テレビ電話でのミーティングに不慣れだったので
音声のオンオフの方法が分からなくて自分の声が相手側に届かなかったりしたことです。
それ以外には、聞きたいことがあるときにすぐに聞けないことですかね」

・お客様への対応について
大杉「普段、周りに自分の電話対応を聞かれていると思うと
多少緊張してしまうのですが、今はより落ち着いて電話できるようになっていいです」

・最後に一言お願いします
大杉「コロナに負けないようにみんなで協力して乗り越えましょう!」

新型コロナウイルスの影響で社会全体が大きく変容していますが、
企業も、そこで働く人々も大きく変わるきっかけになる時期なのだと
前向きに捉えてこの苦難を乗り越えましょう。

皆様も普段以上に手洗い、うがいを徹底して体調にはご自愛ください。

2020-04-14


~耳より情報~
SRCグループが運営している、KissPRESSサイト内の
“おうちdeお店の味”では、テイクアウトできる飲食店様の
情報が多数掲載されています!是非覗いてみて下さい★

kisspress

ようこそ、SRCへ

4月1日に、新卒採用の社員18名がSRCに入社しました!

初日から配属先の各事業所にて、
あたたかく迎えられた新人さん達。

先輩たちの歓迎コメントが記されたウェルカムボードを受け取り、
心新たに社会人としての一歩を踏み出しました。

この数日は、社会人マナーや商品知識に関する研修を受けたり、
先輩社員のもとで営業ツールを作ったり。

まだまだ緊張の抜けない新人さん達でしたが、
歳の近い先輩たちに色々教えてもらう中で
日を追うごとに少しずつ職場にも馴染んでいっています。

これから人・企業・地域のためになることを目指して、
成長していってほしいと思います。


20200406
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。