ポストイット

HR営業の大変な1週間

毎年、12月の頭。
神戸の街は特別な雰囲気に包まれます。
そう、ルミナリエです。

17時を過ぎると
多くの観光客や地元の人が訪れ、
普段以上の活気に街が浮き足立つ。

素敵なイベントです。


『私たち以外にとっては・・・』


HR営業部は、リクルーティング事業部とは違い、
道路を2つ挟んだ別のビルにあります。

この、2つ挟む道路が、
ルミナリエによって封鎖されるのです。

いつもは車が行き交う道路に、
何千人もの人が。
横断するには、普段よりも長い長い時間待つことになります。

運が悪ければ、横断するだけで10分近くかかることも。
隣のビルに行くだけで、10分。
寒空の下で、待つ時間は地獄です。

「急いで駅に向かいたいのに・・・!」

というときに、とても焦ってしまいます。


そうはいっても、ルミナリエは神戸人には特別なイベント。

何人かは金曜の夜に、
ルミナリエを見るために、列を作る人混みに紛れていきました。

HR営業の大変な1週間
 

ハプニングから始まる…

2年目の多田に最近あった事件を聞いてみると、
「台風の中ずぶ濡れで訪問したこと」だそうです。

持っていた傘は5分で壊れ、
10分ほど雨ざらし…

お客様のもとに無事着くも…
社長さんは台風の為、不在。
駅から暴風の中を歩いていたのですが、
最寄駅からバスが出ていることを教えてもらったそうです(笑)
しかも、帰りは台風だったのが嘘のような晴れた空。

そんな台風の日に訪問した、
お客様との出会いもハプニングから。

(電話でタウンワークのご提案中…)

お客様「地域密着ってどんな?」

多田「あの…その、配ったり…」

お客様「とりあえず一回来て~(笑)」

緊張しすぎて、日本語が可笑しくなってしまいましたが、結果オーライ。
ばっちり覚えて頂けました。
その後、採用も成功して、「うちで働いたらええのに」と言われるほど、
仲良くさせていただいているようです。

多田
 

チャリ運

神戸中央区を担当し今年で3年目になる 営業阿部は
チャリ運がない様子。

1年目の時、自転車が2台使用できる中、候補者は3人。
じゃんけんに勝ち、自転車をゲットしたものの
籠は取れ掛けのボロボロ自転車が目の前に…

2年目に,これではだめだと新しい自転車を。
おニューの自転車で機嫌よくすいすい漕いでいたら
プシュー…がたんがたん…
とパンクする始末。
そんな自転車を押しながら全身筋肉痛になり帰社する日も。

チャリごときに私には屈しない!と
奮闘しながら元気に神戸の街を走り回る阿部なのでした。

チャリ運
 

ウィナーズパーティー

ウィナーズパーティーは、営業や制作で表彰されたメンバーが、
リクルートから招待されるパーティー。
今回SRCからは営業の谷口、制作の小畠が参加しました。
ふだんはめったに会うことのない、他代理店のメンバーとも
交流できる貴重な機会。積極的に情報交換もし、
新たな知り合いも増やすことができました。
ちなみに、料理は、豪華な中華料理。
楽しいひとときを過ごしながら、明日への英気を養ったのでした。

ウィナーズパーティー

年内最後のキックオフミーティング

少し肌寒い日も増えてきた中、先日、
年内最後のキックオフミーティングが行われました。
今回は内定式も同時に行われた為、内定者の方も同席。

前半は年内を気持ちよく締めくくれるよう、
これまでの振り返りや課題、それに対する解決策などの確認。
後半は社内で行われた事前アンケートの結果発表。
どんな趣味の人がいるか、出身校はどこかなどだけでなく、
勝負ネクタイがあるかどうか、なんて面白い項目も。

入社されたばかりの方や内定者の方にとって、
SRCがどういった会社なのかをあらゆる方向から
知ることができた時間だと思います。

3ヶ月に1度行われるこのキックオフミーティングでは、
頑張った成果を壇上で表彰します。
表彰された社員が語る言葉の中には
嬉しい気持ちなどの感想だけでなく、
「どうして成功したか」に繋がるヒントがちらほら。

この表彰式は成功を称えるだけではありません。
そこに至ることができたポイントは何なのか、
自分ならそのポイントをどう活かすことができるのかなど、
これからの自分にとっての新しい考え方や
課題を見つけられるチャンスの場でもあるのです。

キックオフミーティング
 
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ