ポストイット

読書好きにとっての目標

今年で入社17年目を迎える姫路支社の営業・岡村は大の読書好き。

限られた朝の30分の通勤時間では、3冊の本を順番に読む。
最初の10分で小説、
次に8分でノンフィクション、
さらに次の7分でエッセイを読み、
残った5分は少し寝るというスタイル。

岡村曰く朝の読書タイムは頭がスッキリしており、
「本を読むには最高の時間帯」とのこと。
朝の時間に本を読むことで頭を少し働かせ、仕事に臨めば、
朝からエンジン全開で仕事に取り組めるような感じがするという。

そんな読書好きの岡村には、読書好きならではの今年の目標がある。
「帰りの電車の中でも、朝に読む3冊とは別の本を読む。」

帰りは疲れて本を読むことが少ないものの、
朝とは違う雰囲気の中で読める、特別な読書タイムでもある。
だからこそ今年は、疲れも吹き飛ぶような面白い本と出会いたい。
その本を読むことができれば、読書好きの岡村にとって
「すごく嬉しいこと」に繋がるようだ。

もちろん今日も岡村は、欠かさず本を持ち歩いている。
 目標である4冊目が仲間入りするのも、そう遠くはなさそう。

岡村さん
 

あけましておめでとうございます。

2017年初めのブログです。

1月4日から元気に営業をスタートしたSRCでは、
各拠点近隣の神社に年頭祈願へ参りました。

神戸本社はビル向かいにある三宮神社へ。
オフィス街のど真ん中にある珍しい神社です。

西宮支社は西宮神社へ。
福男の走り参りの開門神事で有名、
福の神「えびす様」をまつる神社の総本社です。

姫路支社はビル横の十二所神社。
舞台「播州皿屋敷」で有名な
お菊さんをまつった神社もこちらの境内にあります。

岡山高松は本日、
神戸での全体ミーティングの後に
三ノ宮にある生田神社をお参りするそうですよ。

さて今年は皆様にとってどんな年になるでしょう。
SRCでは今年も様々なトピックを
お届けできる年になれたらと思います。

SRCのブログを読んで下さる皆様、
2017年もよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。
 

NO UDON NO LIFE

岡山事業本部の玉川は、四国出身です。
だからでしょうか、うどんが大好きなのです。
神戸本社から岡山へ行き、
改めて四国で食べるうどんの安さと美味しさを実感中。
会社付近にあるお気に入りのうどん屋さんへ
足しげくかよっているとのこと。

Q.お気に入りのうどんは?
A.「定番はかけうどん並とちくわ天ですね!
 連島れんこんの天ぷらが有ったら必ず取ります。
 今日は冒険して、うどんの大と小エビ天をチョイス。
 これもなかなか美味しかったんですけどね~…
 やっぱりちくわが無いと。ちくわロス!!」

なるほど。たしかに安くて美味しそうですね。

 「ち・な・み・に!!
 だしはウォーターサーバーならぬ
 『だしサーバー』から自分でいれるので
 絶対、たぷんたぷんに入れます。
 それがまた美味しくてつい飲み干しちゃうんですよね~。
 あと付属の七味!このお店のはただの七味じゃなくて
 『ゆず七味』。これもめちゃめちゃ美味しくて(続)」

止まらないうどんトーク…!
玉川はいつでも、うどんのようにアツい心で、
コシのある営業スタイルを貫いております!


さて、この1年多くの方々と出会い
たくさんの笑顔を頂きながら
素敵な時間を過ごすことができました。
その感謝を大切にしつつ、
来年も地域を元気にしていけるよう頑張ります!
どうぞ皆様、よいお年を!

うどん
 

人情のまち、兵庫・長田

神戸市兵庫区・長田区といえば、
市場や商店街が並ぶ「人情のまち」。
そんな「人情のまち」らしいエピソードをご紹介します。

∞-・・・-∞-・・・-∞-・・・-∞-・・・-∞-・・・-∞-・・・-∞-・・・-∞

この春、中央区から兵庫区・長田区に
担当エリアが変わった神戸本社営業の三宅。

ちょっと顔を出しただけのつもりが、
お客様から飲み物やお菓子をいただける事もあります。

ご挨拶をしてすぐ、
カップに入ったジュースをわざわざ買ってくださったり、
時間のない時にはペットボトルのジュースをくださったり、
お中元のお菓子をくださったり…

とてもありがたい事ですが、
これもお客様と良い関係性を築けている証拠かもしれません。

ある水産物加工業のお客様の所に伺った時は
「これ持って帰りー」と
袋に入った、イカのおつまみをいただきました。
今まで食べてきたイカのおつまみの中でも断然美味しく、
テンションが上がった三宅。
とても嬉しくて、
思わず帰りの駅のホームで写真も撮りました。


そんな人情味あふれる兵庫区・長田区エリアを
三宅は今日も駆け回ります。

さきいか加工
 

HR営業の大変な1週間

毎年、12月の頭。
神戸の街は特別な雰囲気に包まれます。
そう、ルミナリエです。

17時を過ぎると
多くの観光客や地元の人が訪れ、
普段以上の活気に街が浮き足立つ。

素敵なイベントです。


『私たち以外にとっては・・・』


HR営業部は、リクルーティング事業部とは違い、
道路を2つ挟んだ別のビルにあります。

この、2つ挟む道路が、
ルミナリエによって封鎖されるのです。

いつもは車が行き交う道路に、
何千人もの人が。
横断するには、普段よりも長い長い時間待つことになります。

運が悪ければ、横断するだけで10分近くかかることも。
隣のビルに行くだけで、10分。
寒空の下で、待つ時間は地獄です。

「急いで駅に向かいたいのに・・・!」

というときに、とても焦ってしまいます。


そうはいっても、ルミナリエは神戸人には特別なイベント。

何人かは金曜の夜に、
ルミナリエを見るために、列を作る人混みに紛れていきました。

HR営業の大変な1週間
 
タウンワーク兵庫エリアインフォメーション
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ